パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
ASUSTeK P4SDX オーバークロック
あれこれ、乗せ変えてみたが、やはり、元のマザーボードに戻しました。
ASUSTeK P4SDX のマザーボードに
Intel Celeron 2.0GHz
FSBを100から133にして、CPU電圧固定


FSB 133
電圧 1.525V


やはりこのマザーボードとこのCPUの組み合わせが、ベストだね。
これで、3年は使ってます。
ベンチ結果は、Intel Celeron D の2.67GHz と同等の結果でした。
続きを読む
スポンサーサイト



内蔵ブルーレイ & HD DVD ドライブ
「ブルーレイ」と「HD DVD」両方のハイビジョンコンテンツの再生に対応!ブルーレイ/DVD/CDの書込みもできるBD-R/RE・HD DVD-ROM対応 SATA用 内蔵ブルーレイ&HD DVDドライブ
メーカー価格も69,800円かなり安くなったね。
後は、メディアだね。
25GBで、1,000円前後から (40円/1GB)
50GBで、3,000円前後から (60円/1GB)
ハードディスクの価格に近づいてきたね。
後、 HD DVD に書き込みが出来るドライブが、安くなるのかね。
HD DVD-R
15GBで、1,000円前後から (66.7円/1GB)
メディアでは、ブルーレイの方が安い。
書き込み出来るのもブルーレイだけか。
Core 2 Duo オーバークロック予算は
CPU 価格 (BOX 最安値価格)
E6850 4 MB L2 3   GHz 1333 MHz 33,780
E6750 4 MB L2 2.66 GHz 1333 MHz 23,957
E6700 4 MB L2 2.66 GHz 1066 MHz 34,799
E6600 4 MB L2 2.40 GHz 1066 MHz 27,780
E6550 4 MB L2 2.33 GHz 1333 MHz 21,470
E6540 4 MB L2 2.33 GHz 1333 MHz ???
E6420 4 MB L2 2.13 GHz 1066 MHz 23,580
E6400 2 MB L2 2.13 GHz 1066 MHz 21,880
E6320 4 MB L2 1.86 GHz 1066 MHz 20,780
E6300 2 MB L2 1.86 GHz 1066 MHz 19,918
E4500 2 MB L2 2.20 GHz 800 MHz 17,950
E4400 2 MB L2 2 GHz 800 MHz 14,780
E4300 2 MB L2 1.80 GHz 800 MHz 14,680
CPU の 価格差が、20,000円ぐらいで、
その価格差を補えるかというとマザーボードが、
それなりの物を用意すると価格が30,000円前後の物が必要になる。
差し引き価格差がなくなるため、E4300のオーバークロックは、意味がないね。
ねらい目のCPUは、やはり、
E6750 4 MB L2 2.66 GHz 1333 MHz 23,957円 このあたりかね、
マザーボードは、

ASUS > Commando 27,000円

「R.O.G.」シリーズ第3弾、Intel P965を搭載するゲーマー向けハイエンドマザーボード
製品名:COMMANDO

・Intel P965チップセット搭載
・クアッドコア、デュアルコアCPUに対応
・ゲーマー、オーバークロッカー向けの特別モデル
・オーバークロック時の安定性を高める8フェーズ電源回路搭載
・優れた性能を誇るチップタンタルコンデンサをVRM部分に採用
・導電性高分子固体電解コンデンサを採用して信頼性を向上
・ヒートパイプを利用してチップセットを強力に冷却
・バックパネルに起動プロセスを表示するLCDを搭載
・マザーボード上に電源スイッチなどを搭載
・オーバークロックの設定を詳細に行えるExtreme Tweaker機能搭載
・クリアなサウンド出力を行うサウンドカード付属
・3DMark06 Advanced Editionを付属
・Tom Clancy's Ghost Recon Advanced Warfighter製品版を付属
・Kaspersky Lab Kaspersky Anti-Virus製品版を付属

ASUS > P5W64 WS Professional 30,000円

最高8画面の出力が可能な、Core 2 CPUシリーズ対応ハイエンドマザーボード
・Core 2 Duoに対応するIntel 975Xチップセット搭載
・PCI Express x16スロット×4本で最高8画面出力が可能
・ヒートパイプを利用してチップセットを強力に冷却
・放熱性能が高い冷却用基板Stack Cool 2を採用
・1ランク上の安定動作を提供する8フェーズ電源回路搭載
・Hyper Path 3機能により高いメモリパフォーマンスを実現
・簡単オーバークロック機能のAI Overclockingを搭載
・起動時にUSBメモリからBIOSを更新できるEZ Flash 2機能搭載
・BIOSをUSBメモリから復旧できるCrashFree BIOS 3搭載

上記の2種類かな
マザーボードとCPUで、53,000円前後かな。
これにメモリーが2Gを想定して、
合計70,000円ぐらいかね。

後は、CPUの型番と生産地だね。
これが、一番重要かも、当たりハズレが大きいからネットでは購入できないね。
ショップで、1つ1つ確認して購入しないとね。
店にしたらいやな客かもね。[:楽しい:]
現状では産地は、MALAY見たいですね。
規定電圧のオーバークロックで、
CPUは、E6600かE6700で
3,400から3,600MHz辺りみたいですね。
現状の石では、上限クロックは、3.3GHzかな。
E6750とE6850の価格差が10,000円なので、
マザーボードの価格を抑えて、E6850を購入したほうが安全を考えるとおすすめかな。
こちらの人みたいに、水冷にするとまた、金額がかさむしね。
参考サイト
ASRock P4i65G マザーボード チップセット
ASRock P4i65G マザーボード に SensorsView Pro 3.1 をインストールして各部の温度を表示してみると、CPUの温度が、45℃前後若干高いかな、チップセットは、60℃を表示
パソコンを停めケースを開けて早速手で触ってみる熱い[:びっくり:]

手元に手ごろなものも無く仕方なく、応急適に


ちょっと不恰好だが、しばらくは、このままで使用することに。[:悲しい:]

ASRock P4i65G マザーボード 一覧
Copyright © 2020 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.