パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
DynaBook Satellite 1860 CPU交換 その1
東芝 DynaBook Satellite 1860

手元に Mobile Intel® Celeron® Processors 1.60 GHz
sSpec Number: SL6J2 があるのでこれと交換してみました。
ちなみにノートパソコンに搭載されていたCPU は
sSpec Number: SL6M5
クロックは、1.50 GHz が 1.60 GHz になるだけで
体感的には、あまり違いは感じられないけど

CPU

右が SL6J2 新しく乗せたCPPU
左が SL6M5 今まで搭載されていたもの。

CPUの交換は、まず
バッテリーをはずす

DynaBook Satellite 1860



JUGEMテーマ:コンピュータ


スポンサーサイト



DynaBook Satellite 1860 CPU交換 その2
キーボード上部のパネルをはずす。

DynaBook Satellite 1860

右手ドライブの上にくぼみがあるので、
そこから取り外すことに

DynaBook Satellite 1860

ゆっくり慎重に 半分まではすぐ外れたが
残り半分が今回はちょっとはずしにくかった

DynaBook Satellite 1860

今回は少し手前に引きながらはずしました。


JUGEMテーマ:コンピュータ


DynaBook Satellite 1860 CPU交換 その3
キーボード上部のネジ 2個をはずして、
キーボードを起こすと簡単にはずせます。

DynaBook Satellite 1860

左上にある金属がCPUクーラーですね ネジ4個で簡単にはずせます。

CPUクーラーをはずすと 
(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」(」゜ロ゜)」オオオオオッッッ

CPU

シリコングリスが たっぷり塗られてますね。

CPUクーラー

今回はきれいにふき取りました。

新しく SL6J2 Mobile Intel® Celeron® Processors 1.60 GHz
を付け替えてシリコングリスを塗りました。

Mobile Intel® Celeron® Processors 1.60 GHz


JUGEMテーマ:コンピュータ


DynaBook Satellite 1860 CPU交換 その4
組み立ては、先ほどの手順の反対に行えはOKだが

なんとなくCPU クーラーの下の金属パネルが気になったので
はずしてみました。

DynaBook Satellite 1860

キーボードのコネクタが現れた以外は別に何もなかった
残念 

起動して確認

DynaBook Satellite 1860

速さは、変わったとは感じない程度でした。
オークションか何かで 2GHz以上のものが安く手に入れば交換したいね。


JUGEMテーマ:コンピュータ


DynaBook Satellite 1860
落札して数日は使えていた
PCカードスロットだが、
無線LANの速度があまり出なかったが、
ついに
下部のスロットが指しても認識しなくなった。
上部のスロットの無線LANも速度が出ない。
USB接続の機器の速度も出ない。
今回、CPU交換時
内部と接点に接点復活剤による清掃を行ったが症状は改善されてないね

今思えば今回落札した機種は、オークションに多数出てるね
価格も安いね
根本的にどこか欠陥の多い機種だったのかな


JUGEMテーマ:コンピュータ


Copyright © 2020 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.