パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
「組織力」でハッキングコンテストに挑む日本人チーム(@IT)
「組織力」でハッキングコンテストに挑む日本人チーム(@IT)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/zdn_ait/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110805-00000000-zdn_ait-sci


 毎年夏になると、世界最大級のセキュリティカンファレンス「BlackHat Briefing」と「DEFCON」が、米ラスベガスにて開催される。これらカンファレンスは、脆弱性や最新の攻撃動向に関する研究成果などを発表する場である一方で、特にDEFCONは技術者の「お祭り」という側面も持つ。



 その「お祭り感」を最もよく体現し、人気も高いイベントが、ハッキングに関する知識や技術を競うDEFCONの「CTF(Capture The Flag)」だ。



 今年のDEFCONのCTFは、現地時間8月5日の9時から行われる予定だ。参戦できるのは、300チームが参加した予選を勝ち抜いた12チームだ。今回はここに、日本人チーム「sutegoma2」(すてごま2)が参加する。個人としての日本人参加はこれまでもあったが、日本人チームとしての参戦はこれが初めてのこと。本戦を前にsutegoma2メンバーは「全力を尽くしたい」という。



●教科書にない答えを自分の頭で見つける楽しみ



 CTFには主に2つの方式がある。1つはクイズ式のもので、ジャンルごとに用意された複数の問題を解いていき、チームごとに総得点を競う。ジャンルは「暗号」「パケット解析」「バイナリ解析」「フォレンジック」などに分かれており、難易度に応じて得点が付けられている。DEFCON CTF予選はこの形式だ()。



 もう1つは「旗取りゲーム」の名前が示すとおり、自分のサーバを守りながら、相手のサーバを攻略して得点を取り合うものだ。その場でパッチを作成するなどして自分のサーバを守る一方で、相手のサーバの脆弱性を見つけ出し、コードを作成して攻撃する。ラスベガスで行われる本選は、こちらの方式となる()。



 CTFではセキュリティ全般に関する知識と技術力が問われるのはもちろん、「ひらめき」「発想力」も求められる。また競技は2~3日に渡る長丁場となるため、「体力」、特に終盤の「追い込み力」も重要だ。年によって問題の傾向が変わるため「運」や「流れ」をつかめるかどうかも勝負を左右するという。それだけに、回答できたときの面白さはひとしおだ。また、オンライン/オフラインでさまざまな人に出会えることも楽しみの1つという。



 さらに、セキュリティ技術者としては「いろんな新しいネタ、新しい技術を使った問題に出会えること」(sutegoma2のメンバーであるtessyこと寺島崇幸氏)も醍醐味だ。



 例えば2007年の予選では、当時はまだ珍しかった、ファイルの中に含まれている位置情報を見つけ出すという問題が出題された。いまでこそGPSによる位置情報の活用は当たり前だが、5年前にそれを先取りしていたわけだ。また今年の問題の中には、Chromeでも使われているGoogleの独自プロトコル「SPDY」と17年も前の脆弱性を組み合わせたユニークな出題もあったという。



 「教科書には載っていない答えを、自分の頭で考え、見つけ出すことが最大の楽しみ」(sutegoma2のメンバー、yoggyことすけだい よしゆき氏)。



●なでしこに続け!



 sutgoma2は、6月4日から6日にかけて行われたCTF予選で見事2位に入り、本戦出場を決めた。前身の「チームチドリ」時代から数えて6回目にしての快挙である。



 sutegoma2は、BlackHat Japanの打ち上げから発展したイベント「AVTOKYO」の参加者有志が、CTF出場を目指して結成したチームだ。コアメンバーは十数名で、セキュリティ関連企業の技術者や学生などで構成されている。その時々に応じて、サポートメンバーが加わることもある。



 「DEFCON CTF本戦出場」を目標に掲げ、勉強会や過去問の研究にいそしむ一方で、韓国で行われる「CODEGATE」や、マレーシアの「HACK IN THE BOX(HITB)」などのCTFに参加し、経験を積んできた。DEFCON直前に台湾で開催された「HITCON」にも参戦し、メンバー2名が入賞している。



 最近になって各地のCTFで好成績を収めているが、若手技術者が相次いで参加したことが、チーム力を底上げしていると寺島氏は語る。中には、バイナリファイルをそのまま見るのではなく、1バイトごとに1ドットずつ色を付けて「見える化」し、ファイルの種類を判別する「目grep」なる異能を発揮するメンバーもいる。



 とはいえ、参戦する他のチームも強力だ。政策の一環としてセキュリティ技術者の育成に取り組んでいる国もあり、層は厚いが、「sutegoma2には、力を合わせたときの強さがある。日本人の組織力、チーム力でカバーしたい」と寺島氏は述べ、上を目指したいと述べた。なでしこジャパンに続く日本人チームの健闘に期待したい。
スポンサーサイト



「ウィニー」開発者金子氏  ベンチャー企業取締役に就任(J-CASTニュー…
「ウィニー」開発者金子氏  ベンチャー企業取締役に就任(J-CASTニュース)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000003-jct-sci


 ファイル交換ソフト「ウィニー」(Winny)の開発者で、著作権法違反ほう助の罪に問われたものの2審で無罪判決を受けた元東大大学院助手の金子勇氏が、自らも設立にかかわったベンチャー企業の社外取締役に就任した。この会社は、P2P技術でコンテンツを高速配信する技術で特許も取得しており、活躍の場を広げたい考えだ。



 金子氏が関連する一連の裁判は、群馬県の男2人が、ウィニーを使って映画をネット上に違法に公開した容疑で逮捕されたことがきっかけだ。



■大阪高裁で金子氏側の主張認められ逆転無罪



 金子氏は、ウィニーを開発・改良して2人の犯行を助けたとして、著作権法違反ほう助の罪で2004年5月に逮捕・起訴。1審の京都地裁では罰金150万円(求刑懲役1年)の有罪判決を受けたものの、09年10月の2審の大阪高裁判決では、金子氏側の主張が認められ、逆転無罪判決が下った。だが、大阪高検は「判決は承服しがたい」などとして最高裁に上告。現在も係争中だ。



 この間も、金子氏の技術開発に対する意欲は衰えていなかった。04年冬、金子氏が弁護団の壇俊光弁護士と接見する中で、P2Pの技術について話題が盛り上がり、会社設立のアイディアが持ち上がったという。05年4月には、ベンチャー企業「ドリームボート」(現・Skeed)が立ち上がり、同社ウェブサイトによると、金子氏は創業メンバーのひとりで、技術顧問として製品開発に携わっている。



 06年には、P2P技術を活用して高速にコンテンツを配信できるサービス「SkeedCast」を発売。08年には、京都府、朝日放送(ABC)、セガといった著名企業が、このサービスを採用。09年には、金子氏が同製品のために開発したセキュリティ技術が特許を取得してもいる。



■「活躍の場を得たいと熟慮を重ねた」



 この間、金子氏はIT系ニュースサイトの取材に応じたり、技術系の講演会で講師をしたりしているが、必ずしもメディアへの露出は多くなかった。



 ただ、金子氏は7月27日付けでSkeed社の外部取締役に就任し、



  「いつまでも裁判に引きずられて活動を自粛しているよりは、清々とした活躍の場を得たいと熟慮を重ねた結果、今日まで成長するに至ったSkeed社とより関係を強化していきたい」



とのコメントを発表。今後、露出が増える可能性もある。ただし、最高裁で無罪判決が覆って有罪が確定した場合は、



  「その時点で取締役は辞退せざるをえなくなります」



と、辞任する構えだ。



 また、Skeed社は、



  「会社発足当初より、金子さんには、当社顧問として多くのお力添えをいただいてきました。技術系ベンチャーである当社としては、金子さんにより深く事業に関わっていただき、この先、会社が成長していく楽しみをぜひ共に分かち合ってもらいたいと考え、社外取締役に就任していただきました」



と、金子氏の役員就任に期待を寄せている。



【関連記事】

ウィニー裁判で記者が「弁護妨害」 NHKが弁護団に謝罪 : 2009/10/08

ゲーム会社がついに損害賠償請求 違法アップロードは止まるのか : 2011/04/19

森ガール、山ガールの次は... 「囲碁ガール」!?  : 2011/06/08

高橋大輔がすべてを語る 五輪3位からモスクワそしてソチ : 2011/07/19

「月曜の朝イチで結構です」 ツイッター「職業あるある」大盛況 : 2011/07/28

[サービス]スナッピー、楽器演奏SNS「オケ専♪」で楽器販売店情報サイト「…
[サービス]スナッピー、楽器演奏SNS「オケ専♪」で楽器販売店情報サイト「オーケストラの楽器館」をオープン(BCN)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/bcn/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000018-bcn-sci


 スナッピー・コミュニケーションズは、日本最大級の楽器演奏SNS「オケ専♪」で、楽器購入者と楽器販売店をつなぐウェブサイト「オーケストラの楽器館」をオープンした。


【画像入りの記事】


 楽器を探しているユーザーが、インターネットから、全国の楽器店で「店頭販売中」の楽器情報を閲覧できるサイト。事前に情報を収集してからお店に行くことができ、効率的な買い物ができる。



 管楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器、鍵盤楽器など、楽器の分類から複数店舗の楽器情報を探し出すことができる。価格や商品情報に加え、中古品の場合は「S(最良)」「A(良い)」「B(使用可)」など、楽器の状態をランク別に確認できる。



 複数の楽器店への一斉同時質問も可能。新しい楽器を購入したい場合の支払い総額を質問するなど、店頭では聞きにくいことも気軽に質問することができる。



 現在、山野楽器本店、弦楽器専門店マリオルッチ、JEUGIA三条本店APEX、バイオリン専門店ミュージックプラザなど、多数の楽器店が商品情報を掲載。トップページからは、「展示・販売会情報」や「インストアライブ」など、複数店舗のチラシを閲覧することができる。





【関連記事】

アマチュアオーケストラ向けSNS「オケ専♪」、国内標準サービスへ

ヤマハ、ピアノ演奏を手軽に記録して公開、iPhone/iPod touch向けアプリ「Piano Diary」

河合楽器、楽譜を撮影して瞬時に演奏、iPhoneアプリ「楽譜カメラ」

最新の技術で感性を羽ばたかせる「楽器」をつくる――ローランド本社工場を訪ねて

アマゾン、「楽器」の専門ストアをオープン、2万2000点以上を取り揃え

[サービス]スナッピー、楽器演奏SNS「オケ専♪」で楽器販売店情報サイト「…
[サービス]スナッピー、楽器演奏SNS「オケ専♪」で楽器販売店情報サイト「オーケストラの楽器館」をオープン(BCN)

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/bcn/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000018-bcn-sci



 スナッピー・コミュニケーションズは、日本最大級の楽器演奏SNS「オケ専♪」で、楽器購入者と楽器販売店をつなぐウェブサイト「オーケストラの楽器館」をオープンした。


【画像入りの記事】


 楽器を探しているユーザーが、インターネットから、全国の楽器店で「店頭販売中」の楽器情報を閲覧できるサイト。事前に情報を収集してからお店に行くことができ、効率的な買い物ができる。



 管楽器、木管楽器、金管楽器、打楽器、鍵盤楽器など、楽器の分類から複数店舗の楽器情報を探し出すことができる。価格や商品情報に加え、中古品の場合は「S(最良)」「A(良い)」「B(使用可)」など、楽器の状態をランク別に確認できる。



 複数の楽器店への一斉同時質問も可能。新しい楽器を購入したい場合の支払い総額を質問するなど、店頭では聞きにくいことも気軽に質問することができる。



 現在、山野楽器本店、弦楽器専門店マリオルッチ、JEUGIA三条本店APEX、バイオリン専門店ミュージックプラザなど、多数の楽器店が商品情報を掲載。トップページからは、「展示・販売会情報」や「インストアライブ」など、複数店舗のチラシを閲覧することができる。





【関連記事】

アマチュアオーケストラ向けSNS「オケ専♪」、国内標準サービスへ

ヤマハ、ピアノ演奏を手軽に記録して公開、iPhone/iPod touch向けアプリ「Piano Diary」

河合楽器、楽譜を撮影して瞬時に演奏、iPhoneアプリ「楽譜カメラ」

最新の技術で感性を羽ばたかせる「楽器」をつくる――ローランド本社工場を訪ねて

アマゾン、「楽器」の専門ストアをオープン、2万2000点以上を取り揃え

ロンドン警視庁、暴動での略奪犯探しにFlickrを利用(ITmedia N…
ロンドン警視庁、暴動での略奪犯探しにFlickrを利用(ITmedia News)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/inet/zdn_n/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110810-00000064-zdn_n-inet


 英ロンドン警視庁(スコットランドヤード)は8月9日(現地時間)、警察官による市民射殺に端を発したロンドン各地での暴動で略奪を行った犯人の逮捕に向けて、米Yahoo!傘下の写真共有サービスFlickrを利用すると発表した。同庁の公式Flickrページで、監視カメラで撮影した複数の現場写真が公開されている。



 同庁は、これらの写真で個人が特定できたら報告するよう市民に呼び掛けている。今回掲載したのは大量の写真のごく一部であり、今後掲載写真を追加していく計画という。



 英メディアのGuardianによると、こうした暴動の計画にスマートフォンのBlackBerryのメッセージサービスが利用されているとして、ロンドン警視庁がBlackBerryのメーカーであるカナダのResearch In Motion(RIM)を捜査しているという。同庁は、米Twitterのサービスも調べる考えだとBloombergは伝える。



 これらの暴動は、ロンドン北部のトットナムで警察官が黒人男性を射殺したことに対して6日に行われた抗議活動が暴徒化したことで始まった。暴動は近隣地区に波及し、商店や百貨店などへの略奪が多数発生している。



【関連記事】

「不正アクセスは違法行為」――英ロンドン警視庁がTwitterで警告

ハッカー集団が警察官の個人情報を大量に暴露、摘発に対する報復を宣言

Copyright © 2020 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.