パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
クラウドサービスを帯域制御に活用、ブルーコート(@IT)
クラウドサービスを帯域制御に活用、ブルーコート(@IT)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/zdn_ait/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110810-00000000-zdn_ait-sci


 ブルーコートシステムズは8月9日、「PacketShaper」を通じて提供している帯域制御技術に関する説明会を開催した。主にマルウェア対策を目的に構築してきたクラウドベースのサービス「Blue Coat WebPulse」を、新しいアプリケーションやサービス判別のために活用することで、より高い精度でトラフィックを制御するという。



 PacketShaperは、企業ネットワークを流れるトラフィックを監視し、どんなアプリケーションに利用されているかを判別した上で帯域を制御するアプライアンス製品だ。ERPや販売支援など、企業にとって重要な業務アプリケーションの帯域を確保する一方で、ゲームや動画、P2Pなど、業務に無関係なトラフィックの帯域を絞ったり、ブロックすることで、リソースの最適化や生産性向上を支援する。



 米ブルーコートシステムズ プロダクトマネジメント担当シニアディレクター スティーブ・ハウス氏によると、近年は特に、動画やFacebookをはじめとするソーシャルネットワーキングの普及により、帯域の圧迫が深刻化しているという。同時に、SaaS型のWebアプリケーションが増加しており、単なるポート単位の制御では、業務用のアプリケーションなのか、それとも私用なのかを区別するのが困難になってきた。これをPacketShaperでは、「IPアドレスやポート番号といったレイヤではなく、アプリケーションレイヤで識別を行い、ポリシーに基づいて制御する」(ハウス氏)ことが特徴だ。



 さらに、2010年11月に発表した最新ソフトウェア「PacketShaper 8.6」では、ブルーコートが構築しているクラウドベースのサービス、WebPluseに対応した。



 WebPulseでは、同社のユーザーからWebコンテンツに関する情報を収集してクラウド上に集約し、悪意あるサイトやマルウェアに関する最新の情報を活用できる。PacketShaperはこれを、マルウェア検出というネガティブな目的ではなく、最新のアプリケーションやサービスをいち早く識別するために活用する。この結果、日々新たに生まれる新しいサービスを迅速に認識し、各企業のポリシーに基づいて制御できる。現時点では、82種類のURLカテゴリの識別が可能だ。



 さらに、「URLカテゴリ別分類」機能により、同一のURLを、そこで提供されるアプリケーションやコンテンツの内容に応じて最大4つのカテゴリに分類し、個別に制御することも可能だ。ユーザーに基づく制御はサポートしていないが、例えば「アクセス先が同じFacebookでも、マーケティングやリクルーティングといった活動は許可しながら、ゲームや動画視聴は制限するといったことができる」(ハウス氏)。



 米国では、従業員が所有するスマートデバイスを企業内に持ち込んで活用する「Bring Your Own Device」が広がり始めているが、ハウス氏によると、iPhoneを会社のWi-Fiネットワークにつないで大量の動画データをダウンロードして、帯域を圧迫してしまったなどというケースもあったそうだ。こうしたケースにも、PacketShaperは有効だとした。
スポンサーサイト



Androidユーザーのアプリ使用時間、トップ10本で43%を占める――N…
Androidユーザーのアプリ使用時間、トップ10本で43%を占める――Nielsen調査(ITmedia News)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/inet/zdn_n/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110819-00000042-zdn_n-inet


 米調査会社Nielsenは8月18日(現地時間)、数千台のiOSおよびAndroid搭載端末にインストールした調査アプリのデータに基づく調査「Nielsen Smartphone Analytics」の調査結果を初めて発表した。



 同社の「Smartphone Media Insight Report」は抽出したサンプルを対象にインターネットで行う調査だが、Nielsen Smartphone Analyticsは端末から直接データを収集するため、使用時間などの情報は、より正確になる。



 同調査によると、2011年6月に米国内のAndroid搭載スマートフォンユーザーは1日当たり平均56分、インターネットに接続したという。アプリとWebアプリ(Webブラウザからの接続)の割合では、アプリが67%を占めた。



 また、Android向けアプリは現在25万本以上提供されているにもかかわらず、ユーザーの使用時間の43%はトップ10のアプリが占めているという。トップ50までで、61%だ。つまり、残りの39%の時間を24万9950本のアプリが奪い合っていることになる。



 米Googleは5月にAndroidアプリの公式アプリストア「Android Market」をアップデートし、5種類の人気アプリランキングや注目アプリを紹介する「EDITORS' CHOICE」を設置し、より多くのアプリに光を当てようとしている。



【関連記事】

Androidアプリ、有料版の8割はダウンロード数が100未満――米Distimo調査

アプリ開発者の注目は「Google+」と「iCloud」に集中 人気の低いプラットフォームはなおざりに

スマートフォンのメーカー別シェア1位はApple、2位はHTC――Nielsenの米市場調査

Google、モバイル版Android Marketをアップデート 米国では映画レンタルと書籍購入が可能に

Copyright © 2020 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.