パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IPA、ネットバンクでの不正アクセス被害に注意喚起(@IT)
IPA、ネットバンクでの不正アクセス被害に注意喚起(@IT)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/zdn_ait/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110804-00000001-zdn_ait-sci


 情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターは8月3日、国内のインターネットバンキングで不正アクセスが相次いでいることを踏まえ、パスワードの強化・管理をはじめとする対策を講じるよう注意喚起を行った。



 IPAによると、6月下旬以降、日本国内のインターネットバンキングで不正アクセスの被害が増加している。主な手口は、不審なメールを通じてフィッシングサイトに誘導されたり、PCにスパイウェアを仕掛けられたりして、パスワードなどの情報を窃取されるというもの。これを用いてなりすましが行われ、振り込み被害など実害が生じているという。



 IPAでは改めて、「セキュリティパッチを定期的に適用する」「極力新しいバージョンのソフトウェアを使用する」「不審なサイトや心あたりのないメールは開封しない」といった基本的なセキュリティ対策を心掛けるとともに、「パスワードをいかに保護していくかが重要」と指摘した。



 具体的には、推測されやすいパスワードなどを避け、「パスワードを強化する」こと、複数サービスで同一のパスワードを使い回さないようにし、「パスワードを適切に管理する」こと、信頼できる端末でしかパスワードを入力しないようにし、「パスワードを適切に利用する」ことなど。また、手元のPCにスパイウェアなどを仕掛けられないよう、不審なメールやサイトに注意し、またフィッシングサイトに誘導されないよう心掛けるなどして、「パスワードを盗まれないよう注意する」ことも挙げている。



 さらに、インターネットバンキングサービスなどでワンタイムパスワードを提供している場合は、それを利用することも推奨している。
Copyright © 2018 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。