パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て
パソコン 便利ツール,パソコントラブル解決からインターネット活用まで,自作pc トラブル,パソコントラブル,電源が入らない,起動しないなどの対処法など,パソコントラブル,パソコンやインターネットを使う上で便利な方法紹介
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TV メーカーと 3D 技術会社が 3D アクティブメガネ標準化で合意(j…
TV メーカーと 3D 技術会社が 3D アクティブメガネ標準化で合意(japan.internet.com)
以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/sci/inet/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000022-inet-sci


2011年8月9日、パナソニック、サムスン電子、ソニー、X6D Limited(XPAND 3D)の4社は、「フル HD 3D グラス・イニシアチブ」として、民生用アクティブシャッター方式の 3D メガネに関する技術標準化で合意した、と発表した。



3D アクティブメガネは、フル HD 画質で 3D を実現するもの。テレビ、PC、プロジェクタ、XPAND アクティブメガネ方式の3D 劇場などの 3D ディスプレイと 3D アクティブメガネとの間の通信方式には、Bluetooth をベースにした無線(RF)システムを利用するものと、赤外線(IR)システムを利用するものがあり、今回の合意は両方式に関連するもの。



4社は、RF システムを利用した 3D アクティブメガネ技術のライセンス開始に向けて、その開発に取り組む。



また、IR システムを利用した 3D アクティブメガネ技術では、パナソニックと XPAND 3D が共同開発したプロトコル、とサムスンおよびソニー各々が開発したプロトコルをライセンス提供する予定。



ライセンス開始は9月が目処の予定で、IR または RF の新プロトコルを採用したユニバーサルグラスは、2011年には既存のアクティブメガネ方式の 3D テレビとの互換性を持つ予定で、2012年には市場に導入される予定。

 



【関連記事】

NVIDIA、無線メガネ使用の家庭用立体視 3D ステレオソリューション「3D Vision」を発表


コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 パソコン,トラブル,故障,地デジ 自作PC,組み立て. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。